happy life diary & my photo

homediary.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 09日

火9ドラマ『花嫁とパパ』


私は、基本的にテレビもラジオもいらないほうだ。
いまも、窓を少しあけたら、うぐいすのきれいな鳴き声が聞こえるし
風のそよぐ音や木の葉が揺れる音など、自然の音が聞こえる暮らしが好き。

その私が、週1回のペースで連続ドラマにハマる。
3月までは「ハケンの品格」
篠原涼子のスーパーハケン役が痛快だったし、小泉幸太郎のファンだった。
しばらく、「それが何か?」と「ばっかじゃなかろか!」が口癖だった私。
子どもには「それやめて!」と白い目で見られたけど。

その小泉幸太郎が全く違ったキャラで出演しているのが、いま観ている「花嫁とパパ」
(昨日まで、「花嫁パパ」だと思い込んでいたが・・・)
このドラマの面白いのは、多分同年代の時任三郎のパパ役。
ヒット作「海猿」での海上保安官役の真剣な演技のイメージとがらっと変わった、古風で娘を一途に守る父親役である。
一緒に観ている娘たちは、田口淳之介というジャニーズの一人がお目当て。

話が、小泉幸太郎に戻るが、今はアパレル会社のディレクター役で貫禄がありバリバリの仕事できる男役だが、「ハケン」では、性格が良すぎて出世できないかわいい男役だった。
この小泉幸太郎が、クイズ番組に出ていたのを見たとき、すごく性格のいいさわやかな青年!という印象を受けて以来、ファンになった。
小泉パパもこんないい息子を育てたんだから、いいとこあるじゃん・・・とか生意気言いながら。

一応9時就寝の小学生の娘が帰ってきたらビデオを撮ったのを観るはず。
つい、一緒に観て、私だけのツボで大笑いしてはウルサイと怒られる。
ということで、ドラマは週1ペースがいいようだ。



c0118928_1533817.jpg

フランスのリネンのアンティークワンピース
なんと、ナイティーだったそうだけど・・・
でへ、買っちゃったぁ・・・(またかよ)
[PR]

by ksawada4 | 2007-05-09 15:09 | 私のお気に入り


<< 表現するということ      アンティーク・・・そのⅡ >>